オリワナシステムは、獣害対策・学術調査などの目的で野生動物を捕獲する際に、IoT を用いて、わなの作動状況を低コストでリアルタイムに監視するシステムです。独自の還距離無線技術LP-WAVEを用いているので、森林・ 高山 ・山奥の農地などの険しい環境でも通信が可能。携帯圏外でも通信が可能になります。

オリワナシステムの仕組み

オリワナシステムの仕組み
くくりわな
はこわな
囲いわな

クラウドなのでいつでも・誰とでも共有可能

捕獲者
食肉処理従事者
行政担当者
行政の方へ(PDF)

アプリで捕獲記録共有。CSV形式で二次利用も!
行政ご担当者様の事務作業負担の省力化に貢献します

捕獲通知
位置情報
捕獲記録

いつ・どこで・だれのわなに捕獲があったか、離れていてもすぐわかる。高機能なスマートフォン向け専用アプリに加えて、ウェブ管理画面・メール配信機能で柔軟な管理・運用が可能に。

つながる理由は独自無線規格LP-WAVE

オリワナシステムは「里山通信」の独自無線規格LP-WAVEを使用しています。超遠距離通信、双方向通信に対応するこのLP-WAVEにより、携帯回線も届かないような山奥に位置したわなの作動状況も遠隔でモニタリングが可能になりました。

LP-WAVE

LP-WAVEとは

LP-WAVEは、250mWの独自LoRa無線です。920MHz/250mWの強力無線によって遠距離通信を実現。険しい山間部でも広範囲に双方向通信が可能なので、携帯回線・有線に依存せず、携帯圏外でも使える災害に強い通信インフラの実力が、日本全国で実証されています。

親機(ゲートウェイ)LP250-P1

親機(ゲートウェイ)
LP250-P1

子機・中継機の情報をクラウドと繋ぎます。

通信規格:LP-WAVE、LTE、Wi-Fi
電波出力:250mW
1chタイプ
(マルチチャンネルタイプも上市予定)

子機(中継機モード搭載)

子機(中継機モード搭載)
LP250-CGM1(BR)

小型で持ち運び・設置も簡単。スイッチ一つで子機と中継機のモード切り替えが可能です。

通信規格:LP-WAVE
電波出力:250mW
GPS、マグネットセンサー
1chタイプ
(マルチチャンネルタイプも上市予定)

ジビエドタグ

捕獲・加工・流通記録アプリ

どこで・誰が・いつ捕獲した野生動物か、捕獲から消費者の手元に届くまでを管理し、みなさまに安全をお届けします。

アプリで簡単・正確に、捕獲現場の写真と位置情報を記録・共有できるので有害鳥獣捕獲報奨金の不正受給防止や行政担当者の負担軽減、野生獣肉放射性物質検査時の捕獲場所特定による信頼性向上にもご活用頂けます。

捕獲がわかる

誰が、いつ、どこで、どのように捕獲したのかを画像で確認できます。
捕獲報奨金の不正受給抑止、解体処理施設への搬入事前予測などに貢献!

追跡ができる

QRコード発行で、枝肉や部位単位になっても、どの個体だったのか追跡が可能。
消費者が購入時にトレースでき、安心できるのでリピート購入が期待できます。

記録が残る

記録された内容はクラウドサーバーに蓄積され、学術利用も可能に。
地域ごとの特性や肉質、後の生態調査などにも役立ちます。