GeoBaseシリーズ[親機・中継機]
ジオベースシリーズ

GeoBaseシリーズは、GEO-WAVEで繋がる「里山通信インフラ」を構築するための親機・中継機です。携帯圏外が多い山間部でも広域で通信可能なメッシュネットワークを構築することによって、中継機は子機の通信エリアを拡張し、親機は子機をクラウドに繋ぐ事が出来ます。

【親機】
通信規格:GEO-WAVE、LTE、Wi-FI、Ethernet有線LAN対応
周波数:920MHz
送信出力:250mW
電源:AC電源(100V)
その他:準天頂衛星対応GNSS受信機搭載

【中継機】
通信規格:GEO-WAVE
周波数:920MHz
送信出力:250mW
電源:専用ソーラーバッテリー(別売)
その他:準天頂衛星対応GNSS受信機搭載

GeoBase シリーズラインナップ
Series Lineup

GeoBase Multi の繋がり方
GeoBase Multi

6ポートで用途別に分散処理

GeoBase Multiは、6ポート対応マルチ回線タイプのため、各ポートにチャット・カメラ・気象計・水位センサーなど、複数用途の子機を割り当てることで、子機から届く大量・多様な情報を分散して効率的に処理することが出来ます。

GeoBase Dual の繋がり方
GeoBase Dual

2ポートで低コストに分散処理

GeoBase Dualは、2ポート対応版のため、GeoBase Multiよりも低コストに最低限の子機の分散処理が可能です。例えば、通信の負荷分散のため2ポート必要なGeoChatの運用や、GeoCam(カメラ)・GeoWeather(気象観測)に1ポートずつ割り当てる運用が可能です。

GeoBase Single の繋がり方
GeoBase Single

1ポートで最低限の通信インフラに

GeoBase Singleは1ポート対応版のため、単一の用途にしか利用出来ませんが、GeoBaseシリーズの中では最も低コストに通信インフラの構築が可能です。 GeoBase MulitやDualと比べて、ポート数の違い以外に通信性能や機能の差はありませんのでご安心ください。

※GeoBase Singleでは、通信の負荷分散のため2ポート必要なGeoChatの運用は出来ません。

GeoBaseシリーズの特徴(共通)
Features

画像データの転送にも対応

GeoBaseは大容量メモリを搭載しているため、GeoCam(カメラ)で撮影した低解像度画像データをメモリ内に保持して、安定的に中継・転送することが可能です。

省電力で動く

省電力なため中継機時は専用ソーラーバッテリーで稼働でき、山頂や稜線上等見通しが良くても電源が確保しにくい場所に設置できます。また、親機として利用する場合、平時はAC電源(100V)で稼働しますが、非常用独立電源としてソーラーバッテリーを並列接続し、停電時に自動でAC電源からソーラーバッテリーに切り替わり稼働停止を回避する機能を備えています。

Scene
レジリエンスな里山づくりに

災害時レスキュー・SOS通信

林業 安全確保/効率化

電力業 安全確保/管理

建設業・運送業の運行管理

登山・地域観光の安全確保

PRODUCT
製品情報

GeoBaseシリーズ
GeoChat Router
GeoChat
GeoSensor
接点式アナログ
水位センサー
GeoSensor
接点式アナログ
傾斜センサー